読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イラストレーター/グラフィックレコーダーDOTのグラレコな日々

主にイラストとグラフィックレコーディングについて綴ってます

主にイラストとグラフィックレコーディングのことを綴ってます。
※イラスト、写真の無断転載・複写・無許可の使用は禁止しております。
Copyright (C) DOT. All Rights Reserved.


DOTの「D」は「誰?」の「D」かも?③

DOTについて

こんにちは。イラストレーター/グラフィックレコーダーのDOTです。

自分のことについての3回目です。

 

過去記事は以下からどうぞ↓

---------------------------------------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------------------------------------

 

専門学校に入ってからよりいっそう自分の一番の興味は音楽へと向いていきました。

その熱みたいなものは今でも続いているので、自分にとっては無くてならないものの存在のひとつだと思います。

専門学校での研修旅行(という名の思い出作り)で、アメリカのロサンゼルスとサンフランシスコに行きました。

その時に何冊かずっと欲しかったイラストの作品集を買いました。

ちなみにその当時、まだインターネットの普及も一般的ではなく(私もPCすら持ってませんでした)当然Amazonすらない時代だったので、洋書が本屋さんで買うととっても高かったんです!

その時買ったのはFrank Kozikという人の作品集で数多くのバンドやミュージシャンのライブ告知のポスターやジャケットデザインを手掛けた人なんです。もちろん今でも大好きです。

「いずれ音楽に繋がるような仕事(アートワークとか)がしたい」

と思っていた私にとっては本当に憧れの存在。

奇抜な発想とシルクスクリーンならではの独特な色使いで私はもう憧れを通り越して

「Kozikになりたい!」

とまで思うようになりました(今思うと本当にお恥ずかしい…)。

 

Man's Ruin: The Posters & Art of Frank Koznik

Man's Ruin: The Posters & Art of Frank Koznik

 

 ↑これを現地で購入しました。今でも大好きです!

 

それからはまた「デザイン」よりも「絵を描きたい」と想いが強くなっていきました。

就職活動の時期に入って何社か面接や会社説明を受けにいったんですが

デザイン会社は基本、「土日出勤、残業当たり前」の業界だったので

それも個人的に疑問に感じ、専門学校卒業後はデザイン関係とはほぼ皆無な輸入雑貨店の販売の仕事に就くことになりました。

それからは憧れのFrank Kozikになるべく(?)絵を描きながら仕事を転々とするいわゆる「フリーター」になってゆくのでした。

 

・・・まだまだつづく

 

ポスト​​​​​​DOTへイラスト/グラレコのご依頼・お問い合わせはコチラポスト

パソコンDOTの​​​​​​​実績・イラスト作品は公式サイト「KILL TIME」をどうぞパソコン