読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イラストレーター/グラフィックレコーダーDOTのグラレコな日々

主にイラストとグラフィックレコーディングについて綴ってます

主にイラストとグラフィックレコーディングのことを綴ってます。
※イラスト、写真の無断転載・複写・無許可の使用は禁止しております。
Copyright (C) DOT. All Rights Reserved.


シンプルだけど伝わる動画。

ホワイトボードアニメーション

こんばんは。グラフィックレコーダーのDOTです。

実は最近こんなものが存在することを知りました。

それは「ホワイトボードアニメーション」

その名の通りホワイトボードを使うんですが、ホワイトボードに書いた絵を撮影していくというとてもシンプルなもの。

けどアナログ感があるので、手描きのタッチがいかされてモノクロなのにどこか温かみも感じられるのが特徴です。

これを知った時、「なんでこれを今まで知らなかったんだ~~~!」とグラレコの存在を知った時と同じくらい衝撃を受けました…。

わたくしDOT、PRやサービス紹介を中心としたアニメーション動画制作のお仕事にも携わっており、絵コンテもたくさん描かせていただいているんです。

動画制作やサービス紹介のコツみたいなものは多少なりとも心得ているつもりです。

結構前なんですが、自分の宣伝用にでもアニメーション動画を作ってみようかなぁ、と思ったこともあるんですが、こんなホワイトボードを使った方法があるだなんて思いつきもしませんでした…。

実は最近iPhoneを新しいものに買い換えたのですがこのホワイトボードアニメを撮影したいがために購入を早めたと言っても過言じゃないです(笑)。

使用している道具などについてはまた改めて別の記事をアップしようと思います。

 

↓そんなわけで早速撮影したのがこちら(ホワイトボードじゃないのもありますが)。

私はiPhoneのカメラ機能「タイムラプス」を使用して撮影しました。

もっと本格的に制作するならBGMやナレーションを入れたりするんですが、とりあえずテスト的に撮影したので映像のみです(あと尺も短いです)。

 

 

あと告知的に意識して作ったのがこちら↓

ちなみに上記のコーヒーイベントの詳細はコチラ↓になります(笑)。

コーヒーイベントやります。 | KILL TIME BLOG

 

https://www.instagram.com/p/BPVBfHcBa0F/

 

ちょっと話が脱線しましたが…。

 

グラレコの手描きで相手(見ている方)に分かりやすく伝える、という手法や目的はホワイトボードアニメーションにも近いものを感じます。

あと、今の課題のひとつでもあるんですが実践的な練習ができる場がなかなかないのでホワイトボードアニメを作ることでグラレコ(イラスト)のトレーニングにもなるかも?なんて思ったりもしています。

(グラレコの練習場所は現在も募集中です)

もちろん、いずれはホワイトボードアニメーションも作ってみたいなぁ。